WORKS

ぬくもり工房様 遠鉄百貨店【店舗デザイン事例】

集う場所(店舗・商業施設)

和モダン

  • ぬくもり工房様 遠鉄百貨店【店舗デザイン事例】
  • ぬくもり工房様 遠鉄百貨店【店舗デザイン事例】
  • ぬくもり工房様 遠鉄百貨店【店舗デザイン事例】
  • ぬくもり工房様 遠鉄百貨店【店舗デザイン事例】
  • ぬくもり工房様 遠鉄百貨店【店舗デザイン事例】
  • ぬくもり工房様 遠鉄百貨店【店舗デザイン事例】
  • ぬくもり工房様 遠鉄百貨店【店舗デザイン事例】
  • ぬくもり工房様 遠鉄百貨店【店舗デザイン事例】

遠州綿紬ぬくもり工房様が、浜松・遠鉄百貨店内で移転するにあたり、
店舗作りをお手伝いさせていただきました。

【ご依頼の背景】
浜松の伝統産業「遠州綿紬」。
変わらない手織りの伝統を伝えていきたいとの想いで創業された、ぬくもり工房様。
弊社でも、施設や住宅などの内装コーディネートの際、インテリアパネルやクッション、のれんなどのファブリックス等に、ぬくもり工房様の生地を使わせて頂いています。

実は、2年前に遠鉄百貨店に出店される際にも、弊社にご依頼を頂きました。
ただものを販売するだけでなく、変わらない手織りの伝統をショップから発信していきたい、との社長様の強い想い。
最初の店舗は、綿紬の生まれる過程を店舗全体で表現し、遠州綿紬の世界観を空間全体で感じて頂ける、ストーリー性を持った店舗に仕上がりました。
(施工事例は→こちら

今回は同遠鉄百貨店本館への移転に際し、再びご相談を頂きました。

【ご要望】
・反物を新たに取り入れ、着物に仕立てるサービスを充実させたい
・その新しい商品が映えるような店にしたい
・人通りがより多い場所になるので、それに対応したい
・前回の出店から日が浅いので、予算はおさえたい
・休業日を最小限にしたい


【ご提案内容】

今回のご提案のコンセプトは
「シンプルモダンジャパニーズ」

東京オリンピックの開催に向けて、都心部を中心に人気が高まっているスタイルです。トレンドを取り入れつつ、先々プチリニューアルする際のことも考え、継続的に手を加えやすいデザインを心掛けました。

店舗全体は、漆喰の優しいホワイト、ナチュラルな木のぬくもり感を基調としています。
シンプルすぎるように感じられるかもしれませんが、今回の移転先は婦人服フロアの一角。店構えに綿紬の生地や色を使うと、周りの洋服に紛れて商品が目立ちにくくなります。白で全体を縁取ることで、中の綿紬の鮮やかな色や柄が映えるよう、工夫しました。

白い背景に鮮やかな色柄の生地が並んでいるのに、刺激的でなく自然で優しい印象になっていることにお気付き頂けますでしょうか?実はここが私たちのこだわりポイント。
先程優しいホワイトと表現しましたが、実は「綿と同じ黄色をベースにした」ホワイトやグレーを使っています。同じ色味を含んでいるので、色調が整い、各々の色や素材がより美しく見える組み合わせです。

そこにマットなジャパニーズブラックをポイント使いすることで、伝統的な「和」の要素を取り入れ、空間を引き締めています。壁面のラインの縁や、反物を棚の枠縁だけでなく、テーブルの小口など細かな部分にも、さりげなくジャパニーズブラックが使われているんですよ。

弊社では自社で、インテリアコーディネーターやデザインに携わるプロの方向けに、カラースクールを開校していることもあり、色・素材には特に気を使ってご提案しています。色や素材は、お店を訪れるお客様にも伝わりやすい要素なので、とても大切だと考えています。

もちろん、配色だけでなく、配置やサインデザインにもこだわりました。
お客様とスタッフの動線を考え、どこに何を飾るか、視線を惹きつけるフォーカルポイントどこにつくるか、まで細かくご提案していきます。

今回の店舗は3面が通路に面しており、その内2面が特に通行量が多いので、配置にはとても悩みました。
結果として、スタッフの動線を確保しつつ、どの道から来たお客様にも「ぬくもり工房」という文字が目に入る配置をご提案することができました。

壁面サインには、文字の後ろに透明のアクリルを挟む工夫を。立体的になることで、陰影が落ち、字そのものを太くするよりも上品で丁寧な印象を与えます。背景の壁にはしっくい塗りを施しました。
ひとつひとつ丁寧に手織りされた織物、その素材を大切にしているお店、を表現した看板に仕上がりました。

そして今回のもうひとつの工夫は、工事をミニマルにすることでした。
百貨店などの商業施設では、工事に様々な制限があり、一店舗だけの都合で変えられない部分もあります。施工期間や時間に制約があることもしばしばです。

そこで、前にあった店舗の構成を大きく変えず、什器など使えるものは再利用することで、こうした問題をクリアしました。例えば壁や陳列棚は、塗ったりシートを貼ったり、そのまま流用しています。大規模な工事が発生しない工夫をすることで、業者の出入りも少なくてすみます。
また移転前の店舗の装飾に使っていたけれど、今回は使用しなくなったものも、形を変えてスタイリングに有効活用しています。

【befor】 【after】
【befor】 【after】
【befor】 【after】

こうした工夫により、予算をおさえつつも、お客様の想いを反映した店舗ができました。

【お客様の声】
新しい店舗はとても好評で、売り上げが伸びているのに驚いています。
お客様だけでなく、百貨店や周りの店舗からも好評を頂いています。
新しい店舗で、より発信力を高めた店舗展開ができました。

【お客様の声を受けて】
嬉しいご報告をありがとうございます。
最初の出店の時から、スタッフの方々ともお話をさせて頂き、
継続して一緒に取り組める関係が構築できたことをうれしく思います。
細かな意見を聞けたり、細部までアドバイスできたりと
双方とてもメリットがあると実感しています。
ありがとございました。引き続きよろしくお願い致します。

 

関連記事

works--category

works--style