NEWS

BLOG

オフィス・店舗にインテリアグリーンを!取り入れ方【観葉植物編】

コロナ禍が続き、室内で過ごす時間が増え、
空間を心地よくしたいと思われている方も多いのではないでしょうか?

心地よい空間をつくるポイントの1つに、ここ最近注目度の高い、
装花や観葉植物などのインテリアグリーンがあります。

インテリアグリーンには、見た目の楽しさ美しさだけでなく、
生物学的、心理学的にストレスを軽減する効果もあります。

弊社でも特にこの1年は、店舗やサロンだけでなく、オフィスや居住空間でも、
インテリアグリーンについてのお問い合わせやご相談が多くありました。

そこで、その心地よい室内空間のためのインテリアグリーンのポイントを
3回に分けてご紹介してみたいと思います。

2回目は観葉植物などインテリアグリーンの取り入れ方について。
1回目は【室内で心地よく過ごす】インテリアグリーン お花編①

インテリアグリーンの中でもお部屋の中で鉢に植えて育てる観葉植物は、
その葉ぶりや鉢などが、素敵なインテリアを演出してくれるだけでなく、
室内環境を整えたり、疲労回復に効果があるいわれています。

それは、植物の葉の緑の色が、見る人に安心感やリラックス効果を与え、
目の疲れや緊張感を癒してくれたり、植物の持つ空気浄化の機能や
湿度調湿の効果が期待できたりするからです。

観葉植物には、床に置いて飾る大きなサイズのものから、
テーブルの上にちょっと置いて楽しめる小ぶりサイズのものまで、
さまざまな種類のものが売られています。

大きな植物を枯らしてしまうのでは?と心配な方には、
まずは手入れのしやすい、小さいものから取り入れるのがおすすめです。
テーブルの上や棚の隙間など、ちょっとしたスペースに置くことができる、
小さなサイズのものからチャレンジしてみましょう。

また、存在感のある大きなものを取り入れてみたい方は、
大きさやボリュームの異なるアイテムを複数配置するのがおすすめです。
空間にリズムや奥行がでて、ぐっと素敵に演出することができます。
その場合には、グリーンを置く位置だけでなく、高さにも工夫してみましょう。

さまざまな大きさの観葉植物を取り入れたスタイリング① 美容サロン コスメティクスnana
こちらの空間はWORKS(デザイン事例)YouTubeでご覧いただけます。

さまざまな大きさの観葉植物を取り入れたスタイリング②  住宅会社様モデルルーム
こちらの空間はWORKS(デザイン事例)でご覧いただけます。

さまざまな大きさの観葉植物を取り入れたスタイリング③ コンテナハウス REMOXモデル
こちらの空間はWORKS(デザイン事例)YouTubeでご覧いただけます。

そして、やはりこの1年は店舗や居住空間だけなく、
オフィスでのグリーンの取り入れ方についてのお問い合わせも多く頂きました。

オフィスグリーンのメリットは、グリーンのフォーカルポイントにすることで、
柔らかな空間イメージを印象つくることができるだけでなく、
配置によっては視線の抜けや止めをつくることができ、
心理的に空間を仕切ったり、緩やかにエリアを分けることができるので、
ソーシャルディスタンスを保つのにも利用することができます。

無機質なパーテションの代わりに取り入れることで、
硬い雰囲気になりがちなオフィスを明るく癒しのある職場にしてくれます

また、インテリアグリーンはストレスの軽減だけでなく、
集中力アップや疲労回復にも効果があるため、
スタッフみなさまのため職場環境改善のに取り入れる企業様も増えています。

打合せスペースのソーシャルディスタンスとした例

硬い雰囲気になりがちな職場空間を明るく演出した例


エントランスのフォーカルポイントと緩やかな間仕切りの例

最後の写真は、大ぶりのスタンド鉢に、高さや葉ぶりの異なる植物の寄せ植えと、
受付案内サインをデザインし、オリジナルでおつくりいたしました。
オフィスエントランスのフォーカルポイントとして、
また緩やかに空間を仕切るアイテムとしてお使いいただいています。

そして、観葉植物で心配なのが植物のお手入れ。
こまめなお手入れが難しいオフィスやモデルルームなどでは、
フェイクグリーンの観葉植物がおすすめです。
水やりや虫付の心配がなく、軽くて持ち運びもしやすいのもポイントです。

近年、技術が進み、フェイクグリーンの中にも、
生の植物同様に空気を浄化する効果や脱臭効果など性能を付加したものも多く、
何よりまるで本物のような質感のものが増えてきています。
実は今回UPしている写真のグリーンも多くのフェイクグリーンが取り入れられています。
区別はつきましたか??

弊社では、生の植物やフェイクグリーンを問わず、
置いて頂く用途や空間のイメージに合わせこれらの観葉植物を選定、
鉢や器の色や素材、サイズ感も、それに合わせてご用意いたします。

観葉植物は、費用感に負担が少ないのもおすすめのポイントです。
職場環境の改善やお客様空間の向上に、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

店舗やオフィスのデザイン事例はこちら
店舗・オフィスのデザイン事例

その他のインテリアデザイン事例はこちら
インテリアデザイン事例

▼YouTubeのインテリアデザイン紹介チャンネルはこちら
アーキブレイン株式会社YouTubeチャンネル